【第3期】AO入学エントリー受付中!

在校生紹介

夢のカタチは似ています!

開校以来、高校生や大学生はもちろん、社会人から留学生に至るまで、男女問わずさまざまな経歴を持つ方が全国から集まっています。

  • 小堀 海人さん
    (神奈川県出身)

    和食研究科3年

    和食の魅力は、細部にまで心配りが行き届いていること。丁寧な下ごしらえはもちろん、箸で食べやすい軟らかさやサイズなど。食べる人を思うやさしさがおいしさにつながります。

  • 井本 諭さん
    (茨城県出身)

    和食研究科1年

    「来日する外国の人たちをもてなしたい」という思いで和食料理人の道へ。家でつくる料理の腕も上がって、家族にも好評です(笑)。来年は器や食文化を学ぶのが楽しみです!

  • 小野 旦陽さん
    (栃木県出身)

    和食調理科2年

    2年生になるとカウンターを使った授業もあり、接客の楽しさや難しさを実感。クラスはアットホームな雰囲気で、先生方が親身に相談にのってくれるのがうれしいです。

  • 林 亭妤さん
    (台湾出身)

    和食調理科2年

    台湾のすし店で接客の仕事をする中で「すし職人になりたい!」という気持ちがふくらみ、日本に来ました。憧れのおすし屋さんでの内定も決まり、充実した毎日です。

  • 花蔭 直人さん
    (静岡県出身)

    和食調理科2年

    すしを学ぼうと思ったのは、釣り好きの父の影響。釣った魚をおいしいすしにして食べさせてあげたいな、と。自分の握る本物の江戸前すしで家族をもてなすのが夢です。

  • 岩澤 茉里さん
    (千葉県出身)

    和食調理科1年

    チームで調理技術を競う「学年末賞味会」で料理長に立候補しました。結果、私たちのチームは見事優勝! チームワークの大切さを学んだ貴重な経験でした。